記事の詳細

住まいは水周りや開口部、壁などさまざな部位で構成されています。それぞれの修繕の周期や耐用年数を考慮してパーツ交換や調整などをしてメンテナンスを行ったり、時期に応じて、生活上気になる問題を解消する修繕を行うことが住まいの寿命をのばすことができます。

住まいのメンテナンスや修繕時期を見誤りますと腐食が進行するなどリフォーム費用がかさんでしまいますので、注意が必要となってしまいます。

住まい手の家族構成や生活スタイルは時間の経過とともに変化しますが、その変化に合わせて断熱性や耐震性のグレードアップを検討する時期もやってきます。
10年、20年先を想定したリフォーム計画を検討すると同時に必要になりそうなときを予想し、計画しておくと安心できます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る